2016年4月21日 (木)

Rapha Prestige Kamikatsu

5名のチーム員ひとりを除き、4名はほぼ同年齢。一人は40代半ば。

恐らく全参加チーム、33チームでもかなり高い平均年齢なチーム。

規定タイム内を少しオーバーし、最後は日没後の未舗装路の下り、

グンと気温の下がった真っ暗な山林の長い下りを、Raphaの矢野代表がハンドルを

握る白のレンジローバーイヴォークのヘッドライトの光を借りて、全員で寒さに

震えながらひたすらゴールを目指した。 そして何とか完走扱いでゴールに

残っていたRaphaのスタッフや数名の参加者に迎られた。 年甲斐もなく、

「やったあ~」、「着いたあ~」って思わず叫んでたそんな自分。


Fiveply_1





ほぼ全員、金曜日の仕事を終えて、ほぼ仮眠を取ることなく、深夜に今回の舞台で

ある徳島県の上勝町を目指して出発。 何とか予定通りに全員5名とロードバイク

五台を一台の車に乗せて中国道に入った瞬間、想定外のパンク。


Rpk_puncture


全員の脳裏には思わずDNSという文字が点灯。そんな前途多難を思わせるような

スタートを迎えたチームFive-Ply。 Rapha Gentlemens Raceと呼ばれた時も含め、

過去最高に困難なルートと前評判なPrestige Kamikatsu。 完走という目標がいきなり

遠ざかった気がした。やれやれどうなるのか。



不幸中の幸いにも、パンクしたのは左前輪。 右前輪だと猛スピードで通り過ぎて

行く後続車が危険で、いくら手際のいいHato氏でも、JAFを呼んでいただろう。


そんなこともあり、現地入りしたのは、スタート時間まで1時間前。 準備できてほっとして

自転車に跨ると、前輪のパンクに気付く。 近所に駐車されていた神奈川県の

Above Bike Storeさんのサポーターが手伝ってくれたので、何とかスタートラインには

余裕をもって並べた。有難うございました。



そんな落ち着きのない時間を過ごしスタートラインに並んだけど、まだまだ一波乱

ありそうな気がしてたのがいけなかったのか。

2016年3月 4日 (金)

Team 5PLY

Just launched new team called "5PLY" for participating in Rapha Prestige in Kamikatsu.


メンズの服地。 男のビジネスシーンの戦闘服。 悪天候であれ男は日々ビジネスという

人生のドラマの中で戦う。 給料の少なさを嫁にぶつぶつ言われながらもけなげに。。。


一本のか細い糸を2本引きそろえて紡ぐと一本の時よりも強い糸ができる。これがメンズ

のスーツに主に使用される2PLY。もちろん3本に引きそろえた3PLYも存在して、より重厚

で耐久性のある生地が実現できる。


メンバーのうち3人がメンズファッションに携わることから、メンバー5人を一束に紡いで

厳しいRapha Prestige を走り切りたい。いや、走り切れる。そんな思いでチーム名が決定。

PLY



チーム構成員でのサイクリングでは、道なき道に出くわすこと毎回。 

道が途中でなくなり幾度となく自転車を押して引き返したことか。 これはHato氏

プロデュースの醍醐味というかご愛嬌。(笑)

そんなHato氏のクリエイティブな才能にぶら下がっているチームメンバー。本番の

Prestigeぎりぎりに仕上がりそうなチームジャージ、ビブショーツ、そしてジレ。

焼き鳥屋でのチームジャージの打ち合わせは、ものの5分で終了して後は飲んで食っての

単なる飲み会だったっけ。


毎晩酔っ払いメンバー2/3名いるんで、なかなか意見をまとめるのに苦労したけど、

ほぼ100%Hato氏のCreationで仕上がった、Kamikatsuでの我らの舞台衣装!


12787568_935516379830273_1253876652


ロゴは、僕らの世代が若いころ親に隠れて、鼻血を鼻かみで抑えながら鑑賞した雑誌

PLAYBOYのロゴ。

380pxplayboylogo



ついでにジレも作って準備万端なんですが、、、


12790106_935516429830268_1867288649




エントリーが既に30チームということで、チームジャージはさることながら、

ホンマに参加受理されるのか。。。


飲んだらデレデレやけど、昼間はジェントルでダンディーなおっさんチーム、

四国の険しいコースよ、待っとれよ! 目いっぱい楽しんだる!






2016年3月 1日 (火)

新チーム発足!!

5PLY for RAPHA PRESTIGE KAMIKATSU from Hatomas on Vimeo.



昨年のRapha Prestige は北海道ニセコで開催され、僕はTeam Veloveloの仲間

4人と広大な北海道の大地を走り切った。その後、チーム員のNobuさんの海外赴任

もあり、チームは休眠? いや、解散だろうね。 Nobuさん以外のチーム員はVelovelo

での思い出を懐かしみつつも、Veloveloでの経験をベースに新しい計3チームに分かれ

新たな自転車を通じた時と空間の冒険旅行に旅立つ。


Rapha Gentlemen's race時代の2013年の京都、2014年の九州小国、そして昨年の

Rapha Prestige 北海道ニセコと参加させてもらい、今年の4月9日に徳島県、上勝で

開催されるRapha Prestige KamikatsuにTeam 5PLYとして参加申し込みしました。

年齢も近く、足のそろったメンバー。5名の内4人が吉野GFスーパーロング完走、

1名がロング完走経験者で、予定のルート約150キロ、3000mに不安はない!

と言いつつも50歳代が4人、40後半が1人という老人まっしぐらな構成のチーム。

それぞれが、すでにPrestigeに向けて始動しました。




12272959_890559717659273_1784967978


平均年齢の高いおじ(い)さんチームとして、ダンディーに、そしてキッズライク

にはしゃいで楽しみたいですね。

まだ、参加が決まったわけではないですが。。。

2016年2月24日 (水)

時の経過

春が近づいてきて一気に、自身の目というレンズを通してみる外の風景が

明るく感じるようになってきてる。 自分の周りがじわじわだけど、好転してきてる感じ。

年末から春を迎えるまでのこの時期をなんとか色んな意味で改善しないと、

人生のロスが多すぎるなあ。 


Img_2469


安い完成車の中古をヤフオクで落とした23年くらい前のビアンキ。

ついていたSHIMANO600(現在のアルテ)を取っ払って、カンパATHENA11’s

に換装。MAVIC R-Sys SLRを履いて、これが今のお気に入り。

お気に入りの駅舎まえにて。


やっとの春だね。

2016年2月15日 (月)

病気

久しぶりに日記を書いてます。 体は元気ですが、心が少し弱ってます。

毎年この時期、色んな仕事のプレッシャーが重なり、情けないけど、弱ってます。

夜は酒に逃げてます。 休日は自転車に逃げてます。(笑)

ってこんなこと言えるので、大したことないのでしょうが、自分的にはこたえています。


早く春がきて、桜の木の下で入園祝いの写真を撮る親子を見ていたら毎年元気が

出てくるんだけどな。もう少しの辛抱か。


自転車はこの週末、あったかかったせいもあり、やっと登りのライドを開始。

冬場のシクロクロス車での河原練のおかげか、多少は重いギアにかけて

登れるようになった気がする。
 

7月の初旬にはグランドフォンド吉野に参加予定。 今年の吉野は210キロの4300m獲得

という過酷なコース。 去年は初めて吉野を走り切り、興奮した陽気なおっさん。

そんなおっさん、再びって感じで日々頑張るわ。


Gfyoshino_goal_pic












«関西シクロクロス 堺