« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

追憶 RGRK 2013

五十歳という年齢に近くなったせいなのか、子供達が成長して親の元から巣立とうとしているシチュエーションに軽い寂しさを感じつつあるのか、厳しい仕事の現実から魂だけでも逃避しようとしているのか、とにかく思い出に耽ることが、最近多いような気がする。特に子供達が幼いころを思い出してああ、あの頃はどうだったよなぁとか、こうだったよなぁとか, もちろん、女性との思い出も。ぽっ。。! 年を経るごとに思いでも増えてくるから、余計に耽るのだ!

あの、思い出にも。。。

今年も半分以上過ぎたところで、何かと理由をつけて書かなかったというか、書けなかったあの思い出について、そろそろ書きたいことも頭の中で整理できつつあるし(大した内容ではないけど)、アップしたい写真の整理もついてきたし、ってな感じで、言葉では表せないあの一日とそれまでの経過を追憶したい。

Rapha Gentlemen's Race in Kyoto 2013の追憶

Rapha_flag_4


で、事の始まり。。。

全く自分が参加できるなんてこれっぽっちも思ってなかったんで、1月の末ごろに、チームリーダーのPedalさんより参加の意思の確認のメールをもらった時は、正直半信半疑。。。一度は自分なんて、完走無理じゃないかって返信したくらい。。。その時点では完全招待制なこともありチームとしての参加はまだ決定されていなかったので、その日以来、決定通知を今か今かと、まるで子供が誕生日やクリスマスを待つように首を長くして待ちまし
た!

その後、嬉しい嬉しい正式発表があり、メンバー5人で、チームジャージを揃える相談、チーム名の相談(Team Veloveloは案外早く決まったですが。)やら、その他諸々、いいおっさん達がまるで、子供のように、うきうきとしているのに、若干苦笑する場面もありました!(笑

本番の一週前には、足合わせということで想定外の悪天候に身体を震わせ、未舗装路を塞ぐがけ崩れや極寒の中でのパンクのアクシデントにもめげずにチーム員で乗切った試走。(僕の指先はこの日の寒さの後遺症か、まだ若干の痺れが残っている)。

Photo


この日の試走が余りにも過酷だったせいか、本番は全然楽だったというのが、正直なチーム全員の共通の意見! 自分的にも、お陰様で以来、少々の悪路や、悪天候のもとでのライドも気にならなくなりました。

暖かいストーブの前での団らんするTeam Veloveloの小粒な兄弟(笑

Photo_2
Photo By Pedalさん


そんな試走がチームの絆を生んだのか、

どうよ、このスタート前の素晴らしい、Team Velovelo!

Photo_3




京北の春を舞台に、Veloveloトレインが疾走する。

Train_by_nobu
Photo By Pedalさん

ピンクな花を満開にした木の横を独り疾走しているピンキーなクルクル。
他のチームインは早速逃げたのか?はたまたダムでも見つけたのか?(笑

Photo_4
Photo By Pedalさん

のどかなサイクリング風景をしばし満喫していますね。

8698117694_e74acd68c4_b
Photo By Pedalさん

Rgrk_train_2
Photo By Nobuさん

しかし、その後、噂に聞いていたとんでもない未舗装路の林道がGentlemenを待ち受けていた。 これぞ、Gentlemen's Raceとおのおのが口にして、ひたすらペダルを回す。

珍しく先頭を引っ張るクルクル! 

Photo_5
Photo By Yuftaさん  無断で掲載させてもらってます。ご都合悪ければお知らせください。

こんな路面はどうってことないのが、Gentlemen's。 意外とロードでも悪路を走れるのです。

By_yufta
Photo by Yuftaさん  無断で掲載させてもらってます。ご都合悪ければお知らせください。


水たまりは結構深く掘れて深くなっているところがあるので、出来るだけ避けて走る。

Photo_6
Photo by Yuftaさん  無断で掲載させてもらってます。ご都合悪ければお知らせください。

Gentlemenは他のチームにもエールを送る!

Other_team_on_dirt_by_pedal_2
Photo by Pedalさん

何が、大変だったって? 石ころがごろごろと転がっているところをパンクしないように転倒しないように走行し続けること。気を抜くと後輪が石に取られり、トラクションをかけると後輪がスリップして転倒しそうになる。だって、傾斜が半端じゃないし。

14no
Photo By Pedalさん

未舗装路の林道では、頼りになるNobさんにずっと引っ張ってもらってたようです。

Nob
Photo By Pedalさん

途中我がチームはがれた下りは余り無理をしないで、パンクに注意しながら走行していたので、チームリーダーのPedalさんが一度パンクしただけで、大したタイムロスにはなりませんでした。

Photo_7

恐らくシクロ系のチームだと思いますが、路面の悪い下りで、がんがん飛ばして我がチームをパスしていきはりましたけど、結局はパンク続発やったみたいでかなりのタイムロスをされていたようです。

途中こぶし大の石(岩)がごろごろしている登りで、転倒してしまいましたが(クリートがはまらず立ちごけ)、メカトラブルもなく、何とか難所の未舗装林道の登りをクリア!嬉しくて顔がにやけているように見受けられますが、クルクルさん!

Photo_8
Photo By Nobさん  

頂上地点ではスタッフの方々や他のチームの方達のエールを受けながらのゴール!

正直、これ以上未舗装路はいらんっと思った頂上地点。僕の実力では取れるはずもないKOM(King Of Mountain)の計測ポイントがこの頂上ゴール。何故かここのKOMのみが手描きだったのが、味のある演出だったのか?

Kom
Photo By Pedalさん

頂上地点(愛宕裏街道KOM)での記念写真。

Photo_9

厳しいライドばっかりではありません。補給ポイントではやさしく、かわいいお姉さん方にお世話になりました。知らないでおにぎり2個も食べてごめんなさい。。。ケーキもとても美味しかったし、お陰さまで、ナイスな休憩が取れました。

CP1
Cp1
Photo By Pedalさん

CP2
Cp2
Photo By Pedalさん

こんな、お洒落な演出をわざわざしてる人もいてたりで、思わず吹き出し笑いした人も多いはず。

Photo_10
Photo By Pedalさん

愛宕裏街道のKOM地点からは、かなり荒れた細い道の下り。僕は下りが苦手なので、本当に慎重に下りましたよ。もちろんGentlemenなTeam員は僕の到着を下で待ってくれていました。このレースは5人で走行、5人でゴールが大前提のルール。

その後は大した難所もなく、淡々と美しい京都の山並みを楽しみながらのサイクリング。
結局あの厳しい未舗装林道での厳しい走行が印象深くて、愛宕裏街道から下山してからはそんなに印象に残っていない。。。(汗
やっぱり、Rapha Gentlemen's Raceは走行困難なトレイルをチームで助け合いながら走りぬくというレースなんでしょう。 前回のRapha Gentlemen's Race Koshinの方が、天候も悪くコースも過酷だったとか。。。

Photo_11
Photo By Pedalさん

あ、さてゴールに向かって疾走するTeam Velovelo

ゴールでは5人が方を組んで写真を撮ってもらおうと、ゴール手前では全員ジレを脱いで準備していたのだが、、、

Goal
Photo By Nobuさん

ゴール地点は大してゴールらしき演出がなかったので、ちょっと残念だった。。。

Photo_12

最後にTeam集合写真。 皆もっと走りたい顔してる。物足りない。。。。

あっ、Teamメンバーの紹介が、、まだでした。

右端から順番に

いつも先頭で引きまくってくれるHatoさん、
チーム最年少でオールラウンダーのKuMOさん
我がTeam Veloveloのリーダー、ご存じ妖怪、Pedalさん
やさしい笑顔がキュートだけど、力強い走りのNobさん
そして、僕、クルクル

レース後は宿泊先のホテルにチェックイン、ひと風呂浴びて、その後、僕はこっそりと発泡酒を飲んで、勢い付けてイザパーティー会場へ乗り込む!

Photo

パーティー会場には各チームがそれぞれ24本づつ持ち寄った地ビールが所狭しと並べられ、グビグビとGentlemenに飲み干されるのを待っていたのだ!

Photo_3


Photo_2

笑って飲んで食べて笑って飲んで、極上の時間はあっという間に過ぎ去るものですね。。。

気が付いたら、2次会で嬉しそうな顔して飲んでるし。。。

Photo_4
Photo By Pedalさん


我がTeam Veloveloのカンチェラーラ、Hatoさんもまだ健在だった。ここまでは。

で、King Of 寝落ち決定だったのね。 ぼくはどうなったのか、覚えてません!

End
Photo By Pedalさん

かくして我がチーム名はいつの間にか世間ではVelonvelonと認識されるようになっていたのだ!(笑



この一日、全週の試走、それまでの準備、打ち合わせ、Raphaという一企業を媒体としてまあ、よく楽しませて、遊ばせて頂きました。 何度もいつも繰り返し言うのですが、自転車(ロードレーサー)という手っ取り早く人間の力で人間を運んでくれる道具に乗るようになり、全く自分の人生観が変わりました。 多くの素晴らしい仲間と出会えて、多くの素晴らしい時間を仲間と共有できて本当にありがたいことだなと、いつも思っています。今回のこのイベント、Rapha Gentlemen's Race in Kyotoでも多くの仲間と声を掛け合い、泥まみれになって、瓦礫の道を登り、下り、最後にゴールできた喜びは、本当に贅沢な人生の一幕です。今後、このRapha Gentlemen's Race in Kyotoという一連の活動は、僕を幾度となく思い出に耽させることでしょう!

チームを引っ張って、色々とお手配頂き、お世話になったPedalさんありがとうございました。 そしてTeam員の皆、これからも遊んでくださいね!

レース当日、カメラを忘れてiPhoneでの撮影しかできず、沢山Pedalさん、Nobさんの撮られた写真を勝手に使わせていただきました。すいません。

都合の悪い写真ありましたら、ご連絡お願いします。直ちに削除しますので。


最後に、また来年も是非参加したい!! と願掛けしておきます!!



2013年6月24日 (月)

ルートをなぞる楽しさ

そろそろお世話になって4年目突入のサイクルコンピューター、GARMIN EDGE 500。
やっと最近になって、Yahooのルートラボで引いたルートを転送し、GPS機能を
活用してナビ代わりに使う術を会得!(何を今更!) この機能を使うと、他人が
引いたルートを自由になぞることができるのよ。

4月に催されたラファ関係のClub Rideで走られた南河内方面のルート。 
確かサイクルフォトグラファーの辻啓さんが引かれたルートだと記憶しているが。
そのルートをGARMINに転送したままで放置していたので、土曜日は取り立てて
走らないといけないルートもないし、足はまっさらの状態だし、思い立ったら吉日と
いうことで、三郷からふんどし街道を抜けて、石川サイクルラインへ。

いつものサイロをなぞっていたら、GARMINがルートを外していると警告してくる。
なので、うろうろして、サイロではなく一般道をなぞるとルートが見つかりましたと
表示された。やはり、サイロは歩行者や子供たちも沢山いることを配慮し、一般道を
サイロにそって走るルート!少々交通量はあるけど、以後、私もこの一般道を使って
石川沿いを南下します。ほんと、サイロは最近お年寄りがママチャリに乗ってふらふら
と蛇行したりして、怖いので、皆さんもできるだけ一般道を通る方がよろしいかと。。。

ルートを見てると恐らく森屋を起点に山岳ルートに入るような感じだったので、
ナビに従って森屋へ。 でナビが森屋の交差点を右折を示すので右折すると、
ルートを外していると警告。。。 仕方ないので交差点の手前まで戻って、右折の違う
道はないかと探すと、有りました。まさかの細い道。。。民家が立ち並ぶ細い道なので、
ゆっくりと進むと、またまた、ルート外しの警告が。。。 右方向に進むルートが表示され
ているので、右へ分岐する道は無いかと探していると、何とも、けもの道をコンクリートで
固めたような、急こう配なルートが。。。かなりの斜度の坂が見えるので、ちょっとビビりが
入った。何しろ前日まではかなりの大雨だったので、山の中の路面は乾いていないので、
絶対にトラクションをかけると滑りまくるだろうし、滑ると転倒するかもしれないし。。。
で、思い切ってダンシングで登り始めると、やばいやばい20度は越える激坂。。。
滑る滑る。。。苔も生えまくりやし。。。仕方ないのでシッティングで体幹で登るペダリング。
何とかクリア。
距離はほんの少しだったけど、気を抜くと絶対立ちごけする激坂! 後でガーミンのデータ
で確認すると、23%くらいの斜度でした。


激坂を登りきった後は、こんな道があったんだーって思えるところに出てきたので、
思わず下車して記念写真を。


Dsc00977


いつもの金剛ロープウェイに向かう道の上を通っている、のどかな道。驚きました。


その後もルートをなぞるのは至難の業! 何しろまさかって思う分岐を入っていく
 
ことが多いのですから。
でも、車も少なく、静かな森に囲まれた道、畑や田んぼの中を縫うようにくねくねと
続く道、農道。

Dsc00988_3

気持ちのいい道を進むと、懐かしい駅が出てくるし。(小学生のころは良く遠足
で通過した駅です)

Dsc00990


山岳部分は洗濯板状のコンクリート打ちの登りがやたらめったら!(笑

Dsc00979

高度的にはそんなに高いところまで登らないのですが、何か、秘密の道!みたいな。

もう一丁!

Dsc00993_2

自宅から山岳ルートを含めた往復の距離は120キロで、昼過ぎには帰宅
できたので、お気軽に、お山遊びができる素晴らしいルートというかRaphaライド
の色彩っぽいルート。 リピート必至です!

データーを見ると、運動強度的にはゾーン3~4がメインでしたw。

2013年6月17日 (月)

無理をせず

昨日日曜日は、父の日だったらしいけど、僕には余り関係ないというか、
先週の火曜日が誕生日だったんで、誕生日と父の日を合体させたというか。。。

奥さんからはリネンのシャンブレーのシャツを貰い、子供3人からは美穂ちゃんの
ウィスキー2ボトルと図書券を貰いました。 気を使ってもらえるだけで嬉しい限り。
ウィスキーはハイボールにして少しづつ楽しみますね。

Photo_3


で、週末は仕事で少しお疲れ気味で、土曜日は昼からは土砂降りの雨だった
せいもあり、のんびりモードで明日香方面へ。 約72キロのライド。

Photo


翌日曜の朝、腰から臀部がパキパキに張っている。はやり平日の不摂生のせいだろう。
でも、雨も上がったのでじっとしておれず、金剛山方面に森林浴へ。

Rw


R705の金剛山登山口を通過して直ぐくらいのところ。 夏は緑と日光のコントラストが
綺麗だし、秋はそれはもう紅葉がまっかに迫ってくる。 このルートで一番好きなところ。
ヒルクライムで火照った身体をマイナスイオンをたっぷりと含んだ山の空気が冷やして
くれる。ああ幸せ。生きていることを実感させられます。ええかっこじゃなく!

で、ゴール地点の金剛ロープウェイ前はちょうどいい気温でしたが、補給を買うのを
忘れていたので、茶店で自家製梅干し入りのおにぎり一個頂きました。

Photo_2


この日は95キロのライド。 帰宅後は発砲酒のんで、のんびりして、
気が付いたら月曜の朝みたいな、いつも通りのお休みでした。

今週も仕事が忙しい。。。もっと楽しいブログを書いてみたいな。。。

2013年6月11日 (火)

黒森部立ち上げサイクリング

Sticker_4
Hossy氏のデザイン・製作


雨の為の延期がありましたが、お楽しみのクロモリフレーム車のみの黒森部
の立ち上げサイクリングが決行されました。 当初まったり走行の予定が意外と
練習会なみのペースにあがったり、思わぬグルメツアーに変貌しかけたりと、
曇天という恵まれた天候のもと、大いに楽しめた立ち上げ会となりました。


Photo


発起人、コーディネイト、全ては自らチネリスーパーコルサの白を所有する
Hossyさん。Hossyさんのスーパーコルサのサイズは540で、ヘッドチューブの
長さも、短くなく、長くなく抜群のスタイルで羨ましいかぎり。

で、クロームモリブデン鋼によって作られた昔ながらの細いパイプで作られた
フレームによるロードが7台集合した。

UechicchiさんのZullo、イタリア
Kuro1


和尚さんのVivalo、日本
Vivalo


HiroさんのEddy Merckx、ベルギー
Photo


フランクさんのDe Rosa、イタリア
Photo_2


HossyさんのCinelli、イタリア
Chinelli


MijiさんのCherubim、日本
Photo_3


そしてクルクルのBianchi、イタリア(当日撮り忘れ)
Bianchi


全車、コンポはカンパという偶然。そこで、黒森部の入会資格の一つに、カンパ搭載
を即決するHossy氏をなだめながら、上げないのんびりサイクリングを前提に和束~
信楽方面を目指してスタート。

Kuro2

紅一点、Mijiねえさん、かっこよろしい、さすがダム部!

Kuro3

スタートして間もなく、和気あいあいと。。。しばらくは。

その後和尚さんが前に出てから和束までのゆるーい登り基調をそこそこのペース
で進む。。。ゾーン4くらいまで上がっていたような(自分比)。。。途中でMiji姉さんの
クレームをFrankさんが和尚さんに伝えて、事なきを得る。
で、和束のローソンでトイレ、雑談休憩。

Kuro4

ここで、色々昔の自転車についてのお話を聞かせてもらう。

フランクさんのDe Rosaの古いカンパ
App1

同じくDe Rosaの肉抜きされたレバー。 機能美ですね。
App2


HiroさんのMerckxのダブルレバー。このカラーリング、好きです!86年頃でしたっけ?
App3

Uechicchi師匠のZullo、イタリアのZullo氏によるハンドメイド
App4


和尚さんのVivaloのちょい昔のカンパレコード。カンパのマークの刻印!
App5


MijiねえさんのCherubim。今野氏によるハンドメイド。
App6


で、僕のBianchiは1996年頃の完成車。このサイクリングに間に合うように、
カンパ、アテナのコンポを通販で安く仕入れ、自分で何とか組み上げてみました。
フレームは色々ネットで調べていると、恐らくTANGEのプレステージを日本の
東洋フレームがOEMで組み上げたらしく、当時のイタリア製のフレームはレパルト
コルセ製では作りが雑で溶接がよくなかったり、塗装もざつだったり、クラックがよく
入るといった難点があったらしい。。。ので、日本製の僕のBianchiで良しとしよう!

ちなみに、HiroさんのMerckxのパイプはColumbus SLX
Columbus_slx

Columbus SLX とは -
コロンバスが生んだ稀代の名パイプ。1985年のフラッグシップ。
内部に5本のスプライン状の筋が入ることで、ハンガー部の剛性をあげている。
クロモリパイプがレースで走っていた時代の最終形態といえる。 =参考文献より=


HossyさんのCinelliのパイプはColumbus SL
Columbus_sl_chineli

Columbus SLとは-
SLX以前のフラッグシップ70年代の高級イタリアンバイクにこぞって使われたパイプ。
SLX登場後もラインナップに残った。 さまざまな用途に使用できるバランスのとれた
パイプで名品の誉れ高い =参考文献より=

和尚さんのVivaloはKaisei 8630R. 結構溶接が難しいパイプらしい。。
Kaisei_8630_vivalo

ニッケルクロムモリブデンの軽量タイプ。でパイプの厚さの構成は4130R
と同じで、4130Rよりも堅いだけでなく、ロウ接後の破断強度も向上している。
                                              =参考文献より=


こんな奥深いパイプの話とかを聞いていると、物欲がとめどなくあふれ出て
くる。。。Hiroさんの自転車界の裏話的な話題も面白くて引きこまれる。

実はクルクルは昔から何故かクロモリ鋼のフレームに特別な思いがある。
まだ30台半ばの頃は、マウンテンのダウンヒルにのぼせていたころ、欲しくて
たまらなかったけど、余りの高額さのため、手が出なかったクロモリ製のダウンヒル
バイク、フランスのSUNN Radical Plus!

P4pb6740592
無断掲載すいません。ご都合が悪ければ直ちに削除します。

この細いダウンチューブと2本のトップチューブに憧れたなぁ~。

で、似たような構造を持つ、アルミ製のアメリカンなフレームを2000年に手に入れて
乗ってたこともあった。 ターナーDH2000!

2002turnerdhr2p
無断掲載すいません。ご都合が悪ければ直ちに削除します。

あ、全然話それてきましたので、サイクリングに戻します。。

その後は結構のんびりと、ランチスポットまで快走。 僕は写真をぱちぱちと。


いつもお洒落なフランクさん。De Rosa党の親分!
Frank


毒舌の優しいあにき、Hiroさん!
Hiro

いつも、どこでも速い和尚さん!
Photo_4

珍しく和尚さんと同じ日曜日を過ごしたMijiあねき!
Photo_5

黒森組の仕掛け人Hossyさん!
Hossy

そして、僕を自転車と立飲みのディープな世界に引き込んだUechicchiさん!
Zullo

本日の楽しみだったランチ。

結構込んでいたので、和室に入れてもらえました。 ついつい、、、

Photo_6

で、メインの近江牛による牛丼! 味良し! ボリューム満点!

Photo_7


お腹一杯になって、なかなか動き出しにくいメンバーでしたが、、、何とか再スタート。

下り基調を踏み過ぎ!!
Photo_8

次の目指すスポットは山城のやまびこの素うどん!(この時点では、お腹一杯だった
ので、うどんは拒否しようと決めていた)

がしかし、途中でHiroさんが目ざとく甘味処を見つけ先頭を引くHossyさんを
叱りつけて呼び止める。 結果的にこの甘味処はローディーのオアシスだったのです。

やっぱりスイーツは入るところが違います。別腹。

Photo_9


僕は控えめなお菓子でしたが、追加で、いただきまーす。

Photo_10

小豆とくるみの絶妙なる組み合わせ! 本当に美味しかった!

断面
Photo_11

Photo_12

いいお店でした! 感激!

自分的にはこれで大満足なサイクリング!さあ、ゴールに向かって最後の疾走です。



途中で京都組のFrankさんとHiroさんとお別れ。
Photo_13

又、遊んでね~。

この後ゴール地点のコンビニの後、自走で30キロ近くあると思うと厭になったけど、
取りあえず皆さんとご挨拶、解散となりました。

Photo_14

あ、思わず接写したHossy氏、お気に入りの新ホイール。巡航40キロが
平気に可能とのこと。いいなぁ~(笑

ご一緒頂いた皆さん、とっても楽しかったです。ありがとうございました!

Hossyさん、素晴らしい黒森組の立ち上げありがとうございました。何か面白い
ことができそうで楽しみですね。 今後ともよろしく! 



おしまい。

2013年6月 7日 (金)

弾丸

ドイツ・デュッセルドルフで2泊、イタリアトスカーナで1泊の弾丸出張で
今朝、関空戻りで仕事に直行。

充実した仕事ができたし、美味しいもの良く食べ、ワインを良く飲み、最後は
仕事しに行ったのか、イタリアを満喫しに行ったのか、良くわからなくなって
帰国しました!

Photo


Dsc00733

で、ドイツでの事は色々秘密な事があったので、NA!(笑

イタリアでの事だけ忘れないように書き留めておきます。



フローレンス空港まで取引先の友人が迎えにきてくれて、そのままランチ。

行きつけのお店らしく、是非僕に食べてみて欲しいパスタがあるらしい。
なんでも、ラグーソースに使われている牛肉がキアナ牛という全身が白い特別な
のものらしい。 僕は余りミンチ系の食べものが苦手というか、脂質量が気になる
し、一般のものは脂っぽすぎて直ぐに胸やけするので、滅多に食べない。家で奥さん
が作るひき肉を使ったハンバーグもほとんど食べない。。。
で、このラグーソースも心配してたけど、何とさっぱりしてるし、肉の食感と味がはっきり
と感じられて、そのもちもちとした食感の平打ちのパスタ、パッパルデッレとの相性抜群!

それがこれ。

Photo


あっと言う間に平らげてしまいましたw

ランチの後は、しっかりと仕事の打ち合わせの後、まあすごい豪邸で食前酒にシャンパン
やらを頂き、次回彼が来日しても絶対我が家には連れてこれんなーと、余りにもの生活
環境・レベルの違いに、あんぐりした後、夕食。これ又行きつけだというOSTERIAでPAPAと
呼ばれる、パンをトマトベースのスープで煮た料理をごちそうになったり、最後のデザートは
Michom氏に是非食べるようにと勧められていた、BiscottiをVin Santoに浸していただき
ました。

Biscotti


これも又美味いこと、美味いこと。
Duty Freeで思わず、現金も少し余っていたということもあり、Biscotti とVin Santo を
買ってしまいましたw

毎回、トスカーナを訪れるたびに、ワインはさることながら、食べ物の美味しさにメロメロ
になりますが、今回一泊だけでしたが、いつも以上にメロメロ。当たり前ですけど、地元
のお勧めの美味しいものを食べたからでしょう。いつもは自分の先入観だけで、パスタは
カルボナーラだったり、肉はティーボーンステーキだったり、だいたいいつも同じようなもの
ばかりを食べていますから。。

次回からは、もう少し下調べしたりして有る程度知識を持って出張にでかけようと、
今までを反省しています。 勿体ない二十数年間。。。

下手な写真ですが、楽しくてパチパチと撮ってまいりました!

よければご覧ください! ⇒ Flickr


« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »