« 弾丸 | トップページ | 無理をせず »

2013年6月11日 (火)

黒森部立ち上げサイクリング

Sticker_4
Hossy氏のデザイン・製作


雨の為の延期がありましたが、お楽しみのクロモリフレーム車のみの黒森部
の立ち上げサイクリングが決行されました。 当初まったり走行の予定が意外と
練習会なみのペースにあがったり、思わぬグルメツアーに変貌しかけたりと、
曇天という恵まれた天候のもと、大いに楽しめた立ち上げ会となりました。


Photo


発起人、コーディネイト、全ては自らチネリスーパーコルサの白を所有する
Hossyさん。Hossyさんのスーパーコルサのサイズは540で、ヘッドチューブの
長さも、短くなく、長くなく抜群のスタイルで羨ましいかぎり。

で、クロームモリブデン鋼によって作られた昔ながらの細いパイプで作られた
フレームによるロードが7台集合した。

UechicchiさんのZullo、イタリア
Kuro1


和尚さんのVivalo、日本
Vivalo


HiroさんのEddy Merckx、ベルギー
Photo


フランクさんのDe Rosa、イタリア
Photo_2


HossyさんのCinelli、イタリア
Chinelli


MijiさんのCherubim、日本
Photo_3


そしてクルクルのBianchi、イタリア(当日撮り忘れ)
Bianchi


全車、コンポはカンパという偶然。そこで、黒森部の入会資格の一つに、カンパ搭載
を即決するHossy氏をなだめながら、上げないのんびりサイクリングを前提に和束~
信楽方面を目指してスタート。

Kuro2

紅一点、Mijiねえさん、かっこよろしい、さすがダム部!

Kuro3

スタートして間もなく、和気あいあいと。。。しばらくは。

その後和尚さんが前に出てから和束までのゆるーい登り基調をそこそこのペース
で進む。。。ゾーン4くらいまで上がっていたような(自分比)。。。途中でMiji姉さんの
クレームをFrankさんが和尚さんに伝えて、事なきを得る。
で、和束のローソンでトイレ、雑談休憩。

Kuro4

ここで、色々昔の自転車についてのお話を聞かせてもらう。

フランクさんのDe Rosaの古いカンパ
App1

同じくDe Rosaの肉抜きされたレバー。 機能美ですね。
App2


HiroさんのMerckxのダブルレバー。このカラーリング、好きです!86年頃でしたっけ?
App3

Uechicchi師匠のZullo、イタリアのZullo氏によるハンドメイド
App4


和尚さんのVivaloのちょい昔のカンパレコード。カンパのマークの刻印!
App5


MijiねえさんのCherubim。今野氏によるハンドメイド。
App6


で、僕のBianchiは1996年頃の完成車。このサイクリングに間に合うように、
カンパ、アテナのコンポを通販で安く仕入れ、自分で何とか組み上げてみました。
フレームは色々ネットで調べていると、恐らくTANGEのプレステージを日本の
東洋フレームがOEMで組み上げたらしく、当時のイタリア製のフレームはレパルト
コルセ製では作りが雑で溶接がよくなかったり、塗装もざつだったり、クラックがよく
入るといった難点があったらしい。。。ので、日本製の僕のBianchiで良しとしよう!

ちなみに、HiroさんのMerckxのパイプはColumbus SLX
Columbus_slx

Columbus SLX とは -
コロンバスが生んだ稀代の名パイプ。1985年のフラッグシップ。
内部に5本のスプライン状の筋が入ることで、ハンガー部の剛性をあげている。
クロモリパイプがレースで走っていた時代の最終形態といえる。 =参考文献より=


HossyさんのCinelliのパイプはColumbus SL
Columbus_sl_chineli

Columbus SLとは-
SLX以前のフラッグシップ70年代の高級イタリアンバイクにこぞって使われたパイプ。
SLX登場後もラインナップに残った。 さまざまな用途に使用できるバランスのとれた
パイプで名品の誉れ高い =参考文献より=

和尚さんのVivaloはKaisei 8630R. 結構溶接が難しいパイプらしい。。
Kaisei_8630_vivalo

ニッケルクロムモリブデンの軽量タイプ。でパイプの厚さの構成は4130R
と同じで、4130Rよりも堅いだけでなく、ロウ接後の破断強度も向上している。
                                              =参考文献より=


こんな奥深いパイプの話とかを聞いていると、物欲がとめどなくあふれ出て
くる。。。Hiroさんの自転車界の裏話的な話題も面白くて引きこまれる。

実はクルクルは昔から何故かクロモリ鋼のフレームに特別な思いがある。
まだ30台半ばの頃は、マウンテンのダウンヒルにのぼせていたころ、欲しくて
たまらなかったけど、余りの高額さのため、手が出なかったクロモリ製のダウンヒル
バイク、フランスのSUNN Radical Plus!

P4pb6740592
無断掲載すいません。ご都合が悪ければ直ちに削除します。

この細いダウンチューブと2本のトップチューブに憧れたなぁ~。

で、似たような構造を持つ、アルミ製のアメリカンなフレームを2000年に手に入れて
乗ってたこともあった。 ターナーDH2000!

2002turnerdhr2p
無断掲載すいません。ご都合が悪ければ直ちに削除します。

あ、全然話それてきましたので、サイクリングに戻します。。

その後は結構のんびりと、ランチスポットまで快走。 僕は写真をぱちぱちと。


いつもお洒落なフランクさん。De Rosa党の親分!
Frank


毒舌の優しいあにき、Hiroさん!
Hiro

いつも、どこでも速い和尚さん!
Photo_4

珍しく和尚さんと同じ日曜日を過ごしたMijiあねき!
Photo_5

黒森組の仕掛け人Hossyさん!
Hossy

そして、僕を自転車と立飲みのディープな世界に引き込んだUechicchiさん!
Zullo

本日の楽しみだったランチ。

結構込んでいたので、和室に入れてもらえました。 ついつい、、、

Photo_6

で、メインの近江牛による牛丼! 味良し! ボリューム満点!

Photo_7


お腹一杯になって、なかなか動き出しにくいメンバーでしたが、、、何とか再スタート。

下り基調を踏み過ぎ!!
Photo_8

次の目指すスポットは山城のやまびこの素うどん!(この時点では、お腹一杯だった
ので、うどんは拒否しようと決めていた)

がしかし、途中でHiroさんが目ざとく甘味処を見つけ先頭を引くHossyさんを
叱りつけて呼び止める。 結果的にこの甘味処はローディーのオアシスだったのです。

やっぱりスイーツは入るところが違います。別腹。

Photo_9


僕は控えめなお菓子でしたが、追加で、いただきまーす。

Photo_10

小豆とくるみの絶妙なる組み合わせ! 本当に美味しかった!

断面
Photo_11

Photo_12

いいお店でした! 感激!

自分的にはこれで大満足なサイクリング!さあ、ゴールに向かって最後の疾走です。



途中で京都組のFrankさんとHiroさんとお別れ。
Photo_13

又、遊んでね~。

この後ゴール地点のコンビニの後、自走で30キロ近くあると思うと厭になったけど、
取りあえず皆さんとご挨拶、解散となりました。

Photo_14

あ、思わず接写したHossy氏、お気に入りの新ホイール。巡航40キロが
平気に可能とのこと。いいなぁ~(笑

ご一緒頂いた皆さん、とっても楽しかったです。ありがとうございました!

Hossyさん、素晴らしい黒森組の立ち上げありがとうございました。何か面白い
ことができそうで楽しみですね。 今後ともよろしく! 



おしまい。

« 弾丸 | トップページ | 無理をせず »

自転車」カテゴリの記事

コメント

いや〜ホント楽しかったですね。
たくさんの写真を見てたら、また楽しかったのを思い出しました。
黒森部、まったりとやっていきましょうね〜。

黒いだけでは仲間に入れて貰えないんでしょうか?(笑)

走って良し、眺めて良し、語って良し、で、ご飯が美味しかったら最高。
そんな理想的なサイクリングを思い描いていましたが、実現できて嬉しい限り。
写真もばっちりですね。みんな楽しそう。

Uechicchiさん、自転車って色んな楽しみ方がありますね。
泥沼ですわ!(笑

Shallowおじき、一緒にオーダーメードしましょか!(笑

Hossyさん、こんな楽しい企画ありがとう!
次回、首長くして待ってますね!

おれもクロモリほしい・・・・

おっちゃん、一緒に採寸しにいこか!(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1729911/51986676

この記事へのトラックバック一覧です: 黒森部立ち上げサイクリング:

« 弾丸 | トップページ | 無理をせず »