« 猛暑 | トップページ | Rising Day 2 »

2013年7月17日 (水)

7235メーター

418601_2


第100回の記念すべき大会を迎えるツール・ド・フランス、そしてこのレースを伝説的なものにしている山岳のそれぞれを祝して、RaphaとStravaは恒例のRapha Rising(ラファ・ライジング)『ラ・サンティエーム』と題しみなさんにヒルクライムチャレンジを提案します。 

バスティーユ・デイ、すなわちフランス革命記念日からの1週間(7月14日〜21日)で、ペイルスルド、モン・ヴァントゥー、サレンヌ峠、ラルプデュエズ、これら全て今年のツールに登場する山岳の標高総計を登れますか? 

ペイルスルドはツールに始めて山岳ステージが設定された1910年に登場したピレネーの重要山岳のひとつ。モン・ヴァントゥーは「プロヴァンスの巨人」とも「死の山」とも呼ばれる、1951年にラルプデュエズより1年早くツールに登場した山。この後者ふたつは、もはや説明不要なほど、ツールの歴史において数々の名勝負の舞台となってきました。一方のサレンヌ峠は、今年ツールに初登場。第18ステージで最初のラルプデュエズを越え、直後に現れる標高1999m。ツールのために舗装されたここの下りを経て、選手たちはもう一度ラルプデュエズを登ります。 

プロは2回ラルプデュエズを登りますが、Raphaも今回のチャレンジに当然ラルプの標高を追加。総計で7235mとなる今年のRapha Rising:La Centième、一週間であなたは登りきることができますか?       - Rapha Web Siteより -



Raphaが世界規模で提案するイベント、Rapha Rising。 詳しくは上の通り。 すいません、上手く文章が書けないと思ったので、全くのコピペです。。

このイベントの初日となる14日(日)に、自由参加なRapha Club Rideが催された。皆で2500m程の標高を獲得できるコースを走ろうじゃないかみたいなライド。レースではないのでというRapha 大阪のmotogさんのつぶやきに安心して参加させてもらうことに。
まあ、レースやTTのペースじゃなければ乗り味のマイルドなスティールで行こうと前夜に整備していたけど、なんか悪い(!!)予感がして、KEBELの整備に切り替えた。

当日の集合場所は箕面駅前。 ゴールは宝塚なので、車は放火事件のあった宝塚市役所の近所の駐車場にデポ。 ここからは箕面まで自走。思ったより距離があって少し遅れて到着。

思ったより沢山のサイクリストが集合していたのだが、その豪華な顔ぶれにKEBELで参加して良かったぁ~と一安心。どうやらそこそこハードな一日になるなぁ~。

Cr1


思った通り先頭を引っ張る集団のペースは速く、何とか余り差が開かないように必死にペダルを回したけど、特に平坦基調では自分のパワー不足を感じたなあ。登りは今年の八ヶ岳チャンピオンのHaikalaさんが参加されていたので、ついていけるわけ無いので、無理せず、極力第2グループ位で。

Cr2

家庭の用事で独走でClub Rideを追いかけてきた漢(おとこ)なおっちゃん。最後のきっついハニー坂前で追いついて、最後のゴールを共にできた。 正直驚いた!


Cr3


平坦で足削られすぎて、登りがだんだんと辛くなったんだけど、最後のハニー坂では少し楽に登れた。もちろんペースはゆるゆるでしたけど。

Cr4


家の都合や体調を悪くして途中離脱した方もいましたが、最後は12人が完走。

12 samurai
Last_samurai_12

Photo By Pedalさん

本日も素晴らしい豪華メンバーの走りを見れて幸せだった! 足の静脈浮いているひと一杯いてたし。。。皆さん、本当に堪能できました。ありがとう。

当日の写真はこちらから ⇒ Flickr

ご都合の悪い写真があれば、申し出お願いします。 削除しますので。

Day 1  2391m/7235m

« 猛暑 | トップページ | Rising Day 2 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1729911/52471501

この記事へのトラックバック一覧です: 7235メーター:

« 猛暑 | トップページ | Rising Day 2 »