« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

南河内

昨年末のFestive500で走ったRapha Club Ride In 南河内。どうももう一度走りたくて

仕方がない。その時のブログ

あの日走った荒れた道、酷い急な坂(!!)、走りながら仰いだ木々の間から見えた

空の色、通り過ぎた静かな村の中の空気の色、そして坂を登っていく男たちのあえぎ声!!

そんな記憶を思い出させてくれたのが、RaphaのHiroさんが撮ったこの写真。

Photo

なーんか、僕の脳の中に記憶されている当日の色彩感とか音とかとダブる

んですよね~。

勿論、ルートは辻啓さんが準備してくれた、情緒溢れる風景の中を、空に向けて突き抜け

そうなサディスティックな急坂を登るという、摩訶不思議な感覚を覚える辻啓ワールド

そのものでしたので、そんな気持ちになってるのもありますが。

いつ走るかは未定ですが、どこかでつぶやいたりしますので、ご興味のある方は

是非ご一緒しましょう!



あ、HiroさんがCyclowiredで書いた

「8日間8ライド 道をそれながら達成したFestive500を振り返る」

に当日の様子についても書かれていますよ。 こちら

2014年1月30日 (木)

渡航について

明日で1月も終わりかぁ~。 早過ぎるぅ~。 って皆さん感じてると思いますが。。


来月の中旬は又、海外への出張。 エコノミーシートでの2か月続けてのヨーロッパは

精神的にも金銭的にも堪えますわぁ~。


でも昔の事思い出すと、海外への渡航って日常化したっていうか、航空機材・インフラ・

ITの飛躍的進歩、それと米ソ冷戦時代が終わり、シベリア上空を日本~ヨーロッパ間

最短距離で結べるようになって、世界が小さくなりましたよね~。

Berlin


僕が4・5歳くらいの時、親父が海外渡航を業務のためにするようになった頃は、家族だけ

でなく、親戚がわざわざ伊丹空港まで見送りにきて、展望デッキで旗振って見送ってた

もんなぁ~。まるで戦地に送るみたいに (笑

でも、当時は海外にでてしまえば家族とはほとんど連絡取れないわけだし、ヨーロッパへ

は南回り(東南アジアやらアジアの空港で何度か給油しながらのルート)が多くて30時間

くらい掛っていたらしいですからねぇ~。


そう言えば、僕がヨーロッパへ出張に行くようになった頃(25年前くらい)はロンドンへは

アンカレッジ空港経由で行ってましたわ。当時は関空が開港されてなかったので、

伊丹~アンカレッジ約7時間、アンカレッジで給油後、約8時間でロンドンで、約16~

17時間くらいかかった記憶があるなぁ~。アンカレッジでは一旦降ろされて、白くまの

剥製を見てほぉ~って妙に感心したり、うどん食べたりしたもんです。


それが今や、ヨーロッパのハブ空港まで行きは約12時間、帰りは約10時間ですから

ね~。しんどいとか文句言ってたらばち当たりますw


Jack_kid

でも、これだけ安近短になった渡航ですが、気に入らないことがあります。

それは、機内サービスの質が落ちたというか渡航の高級感が落ちましたね。

もちろん、航空会社のコスト削減もあるのでしょうけど、機内食の品数は落ちたような

気がするし、アルコオル類は食事の時以外はこちらから貰いに行かないと、なかなか

持ってきてくれないし。 昔はもう少し、高い運賃払って乗ってくれてるので、精一杯

オモテナシをしてますよみたいな雰囲気があった気がしますけど、僕だけ?

今のサービスってファーストフード店みたいなマニュアル一辺倒で、マニュアルには

載っていないことは一切お断りって感じな雰囲気で、こちらも頼み難いみたいな。。。

Paris_at_night


今回の出張はパリだけ、仕事だけぇ~みたいな短期間なんで、あまり、これと言って

ムフフッ的な楽しみはないのですが、夜だけはフリーな時間作ってどうしても行って

みたい立飲みワインバーがあるんですよねぇ。常宿の近所みたいやし!

Rimg7886


2014年1月29日 (水)

クロスでGO!

Photo
Photo by Pedalさん


去る先週の土曜日。Pedalさんにクロスで六甲の山に入りませんか?とお声をかけて

いただき、何とも例え様のない楽しさ一杯の山登りライドに参加させていただきました!

ライドスタート前に、輪行のKENちゃんのチューブラーの前輪ホイールがスローパンク

というアクシデントが有りましたが、Pedalさんの決戦ホイールを借りて事なきを得、

出発! 



Photo_2
Photo by Pedalさん


要所要所でPedalさんのカメラが待ち構える (笑

Photo_3
Photo by Pedalさん

急坂は躊躇なく自転車担いでホイさっさ!

シゲオ練で慣れてるPedalさん、KuMOさんはええ~って思う悪路の急な

登りでも下りでも自転車に乗って乗り切る!

Photo_4
Photo by Pedalさん


日ごろウォーキングで歩き慣れているので、 ひたすら二足歩行でダッシュ!


Photo_5
Photo by Pedalさん

川渡りクロス

Photo_6
Photo by Pedalさん

凍結してる路面はへっぴり腰で!! 


寒がりで暑がりなNobuさん。 汗かき過ぎてミネラル・塩分 不足に陥り、足攣りまくり!


Nobu


ここぞとばかり、皆のカメラの餌食に。。。 この後は木を避けてコーナーを

通過するときに前輪が滑ったのか、前方宙返りしてたNobuさん、、、

本日のMVP男!怪我しなくて良かった良かった。


一度クロス車で走ってみたいと思ってた山サイクリング。 二足歩行が多いので

皆でワイワイがやがやとヤケに楽しい。Nobuさんだけでなく、僕も下り中にふらついて

崖から自転車落としそうになったりしたけど、何故か笑って誤魔化す!


でも、正直乗車しての下りは恐怖を感じたところが有ったなあ~。ブレーキが効かなくて。

やっぱり、山サイはカンチブレーキではむりですw。 オンロードでもブレーキに不安が

あるので、近々ミニVに変えようと思ってます。 止まらないから身体が堅くなってふら

ついて、ブレーキ握り過ぎで腕も上がるし、後半はへろへろな走行になってしまいまし

た。。。

まあ、トレールで早く走ろうとは思わないですが、安全に楽しみたいですもんね。


最後に、こんな素敵な山サイを案内頂いた、Pedalさん、お世話になりました。

よくこれだけのルートを開拓しはりましたねぇ~と感心しきりですわー。

又、今回ぐらいのペースで走れる山サイに誘ってください。シゲオ練は無理ですので(笑


ご一緒いただいたみんな、ありがとう!


下手な写真ですが、一応アップしておきます。 ⇒ Flickr


2014年1月24日 (金)

家呑みの楽しみ

最近My ブームな自分で作るワインのお伴。 牡蠣のオリーブオイル漬け。



Photo

生牡蠣を丁寧に洗って、よく水を切って、焦げ付かない様にテフロン加工された

フライパンでゆっくりと炒める。 オイルは一切いれないで。

Photo_4

水分が完全に飛ぶまで炒めて。。。完全に水分が飛んだら、一旦火を止めて

オイスターソースを加えて、軽く炒め直す。

Photo_6

ニンニク、鷹の爪、ローリエ、塩を投入したオリーブオイル。

そこに、炒め終わった牡蠣を漬けこむ。

Photo_7


一日以上漬けこんだら美味しく食べれます。 

少し日持ちがするので、少しづつ、ワインで頂きます。

水分が飛んで、牡蠣のうまみ成分が凝縮されているので、本当に美味!


あー、今夜の家呑みが楽しみだわ。

2014年1月23日 (木)

漢祭り

漢(おとこ)祭りメンバーは、本来、太陽が照りつける真夏の暑い中、寒さで四肢の感覚が

無くなるような真冬の寒い中、メンバーをふるい落とすような激しいサイクリングを楽しむ

目的で集まったはずが、、、

Photo_2

若いギャル(死語(゚0゚))が丈の短い浴衣をきて給仕してくれるという焼き鳥居酒屋で

夜も早くから鼻の下伸ばして約束の時間に遅れることも無く集まるという何とも堕落した

漢達。。

ギャルと喋りたいが為に、グビグビとアルコオルを飲み干して注文連呼する漢達。。

集合時間が待ち切れず駅ビルでフライングしてた一番堕落してた漢は、飲み過ぎた

挙句の果てに、この店のスタンプカード代わりの名刺に貴方のお名前を書いてねっheart

とかお願いされて、50歳一歩手前の成熟した男の魅力の微塵も感じられない感性、、

Photo_3

このお店でたらふく飲んだはずなのに、嫌がるメンバーを激安立飲みへ連れまわし、

最後には美人だと噂のHato氏の奥さんの名前を連呼してた泥酔の漢。

朝、起きると奥さんに「まーた酔っぱらってメロンパン一個むさぼり食べてたで!!」

と言われてショックを受けていた二日酔いの漢。


あー、でも久しぶりの友人との外飲み、楽しかったでっす。

居酒屋はいたって健康的なお店でサービスも色々考えられていて、高感度の高い

お店でした。料理も色々工夫されていてとても美味しかったですw

念のためいっときますが、この居酒屋は昔のノーパン喫茶とかの類ではありませんよ!

変なこと期待するおっさん達は行かないでください、くれぐれも。


Night_22_jan_14

素晴らしき漢達  (皆顔だしOKやろか?あかんかったら目線入れるよ)

又行こね!

2014年1月17日 (金)

戻ってきた。

昨夜から今朝にかけてやっとぐっすり寝た感。 先週のイタリア滞在中はうとうと程度に

しか眠れず、(日本からの転送電話に起こされたりもあり) 帰国後も疲れが取れる様な

ぐっすり感のある睡眠が出来ていなかった。


昨夜は朝食用のパンの仕込みで、ホームベーカリーに量りで計量した材料をセットして

我が家で一番早く出ていく長男に合わせて仕上がり時間をセット。 

僕がカードのポイントで手に入れたホームベーカリーだからなのか、パン職人は

僕と決められたようで、寝る前の日課になってきてるのが気に入らん。

パン職人を演じた後は、布団に潜り込んであっと言う間に寝込んだみたいだ。


今朝はすっきりしてたので、50分程ニュースを見ながら固定ローラーで軽く身体に

熱を入れといた。 やっと軽くなった身体で明日は何処にサイクリング行こうかな?

明後日はシクロクロス堺ステージなんで自走で応援に行く予定。

楽しみな週末だん。



2014年1月16日 (木)

転機

正月明けから直ぐにイタリアへ一週間程、仕事で。

年末のFestive500の疲れ、年末・年始の飲み過ぎによる内臓の疲れを引きずったまま

の渡航だったからか、イタリアでも胃腸の調子が悪く、食欲がない日が有ったり(僕にとって

は異常事態)、ワインが不味く感じたり(やっぱり異常事態だ)で、不完全燃焼的な

イタリア出張だったなぁ~ (何しに行っとんねん!)

Photo


帰国後も身体もだるく感じて熱っぽかったので、昨日は午前中お仕事を急遽ボイコット

して70キロ程、自転車に乗ってみた。 

帰宅後は身体がすっきりしたし、食欲も出てきたので、良しとする! (平日休むのは

凄く罪悪感があるので嫌いですw)


今回の身体の辛さは今までに無い感じなので、これを機会に夜のアルコールの飲み方

を変えてみようと思う。 40台最後の年ということもあり、内臓もかなり老化してきてる

んだろうなぁ~。 この辺が人生の一つの転機なような気がしてならないんですよね~。

Photo_2

本当に美味しいお酒(アルコール類全般という意味で)をゆったりと

楽しんでいただくという方向に持っていけたらいいのだけど、性格的に

飲み出したらがぼがぼと止まらないからなぁ~

いや、本当に夜の晩酌は飲み方を変えます! 今夜から!

2014年1月 6日 (月)

新年

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお付き合いのほどお願いしますね。

Festive500をCompleteした30日の奈良Risingで僕の2013年のRideは終了しました。

大晦日以降、1日、2日と体を休めました。というのも、今までになく腰から下の疲労感

が半端ではなく、全く自転車に乗る気が起らなかったんですw。


でも、休めたところで体調もすぐれないので、3日、4日と重いクロモリを引っ張り出して

きて、近所をRising。 3日はアウター縛りで55キロ、獲得1286m程。

4日は64キロ、獲得1575m、インナーOKで。

Photo_2


で、長かった正月やすみの最終日は、どうしても外せない信貴山へのお参り。

やっぱり、疲労感と体調がもうひとつなので、ハイキングがてらに歩きで。

Photo_4

信貴山の冷たい凛とした空気に、休みボケした脳みそに刺激を与えられて

仕事に戻る気合いが入ったような気がします!


年明け早々ですが、明日よりイタリアへ弾丸出張。 美味しいもんと美味しいワインを

楽しんできます! 

Festive500 Ride⑥ Day7 Rapha Club Ride 奈良Rising

Festive500_6




奈良東大寺前集合で辻啓さんコーディネイトのコース。

Photo




僕にとってはこのライドでCompleteだけど、序盤の変態的な鉢伏峠旧道のキツイ坂は

疲労の溜まったおっちゃんにはほんときつかった。 以後もなんだかんだで、

よく登らされ、結果2000m程の獲得で、このライドの直後の実家での餅つき

は大変だった。 辻啓さん、ありがとう、僕の大好きな坂をたっぷりと用意してくれて!(笑



これにて、Festive500、コンプリート。 距離的には大したことなかったけど、寒さ、風、雨、

激重シクロクロス車での約200キロの走行、そして何より6日間連続ライドは思った

よりきつかった。 

こんな面白いRiding Eventの機会を与えてくれたRaphaと、スタッフの皆さん、そして

コースのコーディネイトをいただいた辻啓さんをはじめとする方々、一緒に走ってもらった

仲間に感謝。 あなた達がいなかったらおっちゃんは途中で投げ出したかも!


最終リザルト 526キロ

Festive500 Ride⑤ Day6 


Festive500_5

墓参りライド51キロ  411/500キロ  後少し

サイロの往路は向かい風強くて辛すぎ。 お陰で復路の追い風で踏めず。。。

疲労のピーク。

Festive500 Ride④ Day5

Festive500

平坦112キロ   360/500キロ




重いSwiss Crossにて。 凄い疲労感。 下半身がだるくて痛い。

Cl

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »