« Tweed Run in Osaka 4th | トップページ | 無題 »

2014年3月19日 (水)

Rapha Osaka Club Ride in 南河内

Cycle Photographer, Mr.Kei Tsuji色たっぷりのClub Ride In Minami-Kawachi

名古屋からの遠征組(!!)を含め40人Overの自転車乗りが集合したClub Ride

Ccosk_1  

きりっとしたまだ朝の寒さが残る中、春色の陽へ向かって登り始める


   

Ccosk_2

コンクリート打ちの洗濯板の激坂なんかもへっちゃら、へっちゃら

はぁはぁ言いながら登っているのに、顔がニヤニヤしてたのは僕だけでないはず




Ccosk_3

後続を待つ間も楽しいおしゃべりタイム

Ccosk_4

木々の間に見えるGentlemanな自転車馬鹿達にエールを送って

Ccosk_pedalsanyori
Photo By Pedal氏
里山には絶好の撮影ポイントが用意されている。


Ccosk_5

ラストの登り   まさしく壁   Wall!!


Ccosk_6  

この激坂ではダンシングは無理   体重を前にも加重しないと前輪が

浮いて転倒しそうになる  のっけから担いで駆け上がる者も続出

(実は前回の南河内ライドではこの壁が登れず立ちゴケで自転車を押して

登りました。。 今回は何とかリベンジ達成!)


  

Ccosk_7

Wall区間をクリアすれば絶景ポイントまであと一息の坂を駆け上がる



Ccosk_8

Wallのゴール地点では、まさに駆け上がり祭りの応援合戦!!




1795717_10201740859665159_107515462
Photo By Rapha Osaka

ライド後

お祭り騒ぎも冷めやらぬうちの集合写真。 ヨコ向いたり、下向いたり

まとまりのない集合写真もおもしろいなぁ~


実は今回駆け上がりまっくったこのエリアは僕の定番サイクリングコース。

金剛山ロープウェイ乗り場がゴールの、約10キロで540m登る定番ヒルクライム

コースが
あったりの登り好きの集まるエリア。 

今回の激坂10撰は、通常のサイクリングルートから思いもよらない小道へ入っていく

辻啓さんがコツコツと開拓されたルート。 辻啓さんにとって、僕ら世代が子供の頃に

段ボールやらで空き地の草むらの中に作った「秘密基地」みたいなサイクリングルート

なんだろうなぁ~と思いながら楽しませていただきました。

今回参加されたPedalさんもご自身のブログで書かれてますが、Club Rideの良さ、

醍醐味は人の集いと出会いだと僕も今回も感じましたです。 ソーシャルネットワーク上で

のお付き合いで知っている方達と実際に顔合わせできましたし、2013年ツールド八ヶ岳

(ヒルクライムレース)チャンピオンクラス優勝、2013年マウンテンサイクリング乗鞍の

チャンピオンクラス2位の矢部さんと、ライド後には、並んであったかい麺をすすって(笑

その後は僕の案内で、葡萄坂~フラワーロード~裏十三峠と約30キロ程ご一緒して

いただいたりと、僕にとっては貴重で有難い一日だったと、自転車が広げてくれる

人生の輪に感謝です。


ご一緒いただいた皆さん、Raphaスタッフの皆さん、そして案内いただいた辻啓さん

に感謝!

iPhone撮影の下手な写真でよければ ⇒ Flickr



« Tweed Run in Osaka 4th | トップページ | 無題 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1729911/55407508

この記事へのトラックバック一覧です: Rapha Osaka Club Ride in 南河内:

« Tweed Run in Osaka 4th | トップページ | 無題 »