« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月22日 (木)

Le Tour De Rokko

Photo    
Photo by Pedalさん


燃え尽きた感に溢れる写真、Pedalさん有り難うございます。 今回は体調が思わしくなく

ライドは諦めて100%フォトグラファーで、鶴六な一日をファインダーに納められ、走らなく

とも、とっても楽しそうだったPedalさん! 

さすがにカメラに集中されたショットは素晴らしいものばかりで、参加された皆さんにとって

素晴らしかった一日がファインダー越しに記録され、一生の宝物となりました! 多謝!


Photo_2
Photo By KuMOさん


たった100キロ程の走行距離で3000m以上をUPする鶴六。 六甲の登りは斜度がきつく、

距離も長いので、登っているときは苦しく、何度も足を付きたくなるけど、登り切った後

はもう一度登りたくなる! そんなどMの方向きな山!


Photo_3
Photo By Pedalさん

今回は一般公募もあり、20人という大所帯で、アクシデントを心配したけど、

全員の助け合いもあり、しんどくとも目一杯楽しもうという暗黙の了解もあり、アクシデント

と言えばスタート直後のパンク一回で、全員が登り切ることができて、本当に

楽しかったなぁ。

Photo_4
Photo By Pedalさん

まあ、それにしてもよくもこれだけの坂バカが集まったもんです!

とってもまとまり感のある集合写真、皆いい笑顔ですね! 皆苦しんで同じ

目的を同じく達成した、そんな共通の思いがあるいい写真です。


Photo_5
Photo By Pedalさん

これは何処で激写された写真かわからないけど、僕の彷徨う視線もさることながら、

皆の視線がばらばら。 サドルから降りているときは、ばらばらな行動が多い

サイクリストらしい、ほほえましい写真だと思いません? 大好きなショットです!



色々詳しく書いてもいいけど、僕のうだうだした駄文を読んだ後に、皆さんの思い出の

クオリティーが低下するいけないので、シンプルな日記で閉めようかと。。


今回もどMなコースをコーディネイトしてくれて、大所帯のエスコートをしてくれた

首謀者のMarvinさん、有り難うさんでした。 本当にご苦労さんでした。

ナイスガイ!

Marvin

Pedalさんの素敵な写真、その①その②

Hatoさん撮影・編集のナイスな映像は  ここから

Nobuさん撮影・編集のナイスな映像は  ここから

参加者の皆さんまた何処かで登りましょう!




2014年5月14日 (水)

Rapha Club Ride で大台ケ原クライム!

お陰さんの忙しさで、なかなか日記がアップできませんw

明日早朝から、何かと世界に話題を振りまく中国への出張でアップできないので、

慌てて書いているのが今!

10312467_770528612987181_5409813033
Photo by Rapha Japanさん


先週末はRapha Club Rideで大台ケ原を満喫させて貰いました! 天気は「物凄い」快晴

で、「日本で一番降水量の多い山」神話が崩れた一日でした。 


希有のクライマーマルコパンター二没後10年を記念してRaphaが限定で発売した

ジャージ。 

Pantani_jersey

そしてこの日のライドはパンター二を忍んで、日本でも有数のキツイ大台ケ原への坂を

登り倒そうというRaphaの企画。 特に日本でも有数の厳しい激坂のつづく辻堂山林道

区間を含むRapha Club Rideでは珍しい「ヒルクライムライド」。


何とかこのライドに間に合った、英国から送られてきたパンター二ジャージを纏って

ライドに臨んだんですが、これが災いのもとみたいな感じになってしまい(笑、2度の

パンクに見舞われて、ライドの進行を大きく遅らせてしまうはめに(汗

一回目~

Photo
Photo by Pedalさん


2回目~

Photo_2
Photo By Pedalさん

じつはこの日パンター二ジャージを着てライドに臨んだ僕を含む3人全員がパンク!

パンター二の呪いか!ってお笑いネタになった3人! 

そんなアクシデントもあったけど、快晴の中のひいひい言いながらの激坂登りは

苦しくも楽しい思い出となりましたw

Miracle_shot_original    


ペダルさんによるこのショット、拡大して拝見たらびっくり!


Miracle_shot


コーナーミラーにもう一人のクルクルが!


いや~凄いタイミングです。 さすがです! ミラコーな写真ありがとうございます!


またまた激坂に打ちのめされ、翌日の疲労感は半端じゃなかったですよ。


大好きで憧れだったパンター二を忍んで皆さんと一緒にヒルクライム。

素晴らしいライドな企画、スタッフの皆さんありがとうございました。そしてご一緒

いただいた、参加者のみなさん、Thank you!


当日の写真はこちら ⇒ Flickr

Pedalさん撮影の写真はこちら ⇒ Flickr



2014年5月 7日 (水)

雑記~ヒルクライムTT

GW、皆さん、それぞれ色んな過ごし方をされ楽しまれた事でしょう。


子供が小さい頃はあっちへこっちへ行って渋滞や混雑に巻き込まれ、

もう二度とGW中には来るもんか!と心で誓っても、また次の年も同じ失敗を

したもんです。


僕の49回目のGWの初日は、長男の盲腸炎による入院というハプニングでスタートで

した。

初日は自走で高野山、護摩壇山を巡るソロサイクリングを計画していただけに、出鼻を

くじかれた感じで、走る気満々な気持ちも一気に下降した感じでしたw


息子の容体は悪くなく、回復は早かったので、別に一人したい放題でロングにも行けた

のでしょうが、今月からは遊び満載な週末が続くので、家族に病人がいる時ぐらいは、

嫁のマイレージ獲得狙いでで、大人しい目のサイクリングで過ごしていましたですw


そんなGW2日目は大好きな南河内へ100キロ弱のライド。 目的は登りの

タイムトライアル。 森屋交差点からスタートして金剛山ロープウェイ乗り場までの

10キロ程のヒルクライム。 関西ヒルクライムTT資料室

斜度は最後がキツイくらいかな。僕的には。でも、ゆるいところで踏み過ぎて最後

タレルパターンが多い感じ。

ベストタイムは昨年の6月、KEBELでの34分12秒。 それ以降はTTしていなかった(汗

勿論今回はヒルクライマーご用達のLOOK586SL! ホイールは勿論 

Mavic R-Sys SLR。

Rsys     

もう少し乗りこまないとわからないけど、とにかくタテの剛性が高くて

コロコロというかぐるんぐるん回る。 Mavic Kysrium SLに比べて

リアのスプロケが1.5枚くらい違うかな? 使い始めた頃よりあたりがついたのか

回り感が増してきた気がしますw


で、TTの結果は39秒更新の33分33秒。 ベストはでましたけど、費用対効果の

悪いこと悪いこと。。(笑  途中までは2分は更新出来る感じでしたが、最後の

鱒釣り場を過ぎての1キロが正しくエバラ黄金のタレ! 途中上げ過ぎて最後は

タレタレ。。 LOOKに乗り出してこのパターンが多いなぁ~。 思うほか進んで

登ってくれるフレームなんで、踏み過ぎてしまう傾向ですな。 まあ、いいタイム出そう

と思ったら、ゴールまでハイペースを維持できないとダメだっていうことでよね!


で、夜はいつもの休日と同じく、毎晩楽しくお酒をいただきました。 自分で買い出しに

行って、自分で料理して家族との夕飯前に飲み始める。贅沢な時間ですw

Italian_salad    


地元でとれたルッコラが新鮮・格安だったので。



長男には気の毒なGWでしたけど、なんだかんだ家族の目線をかいくぐり

GW中で308キロ。 良しとします!

















« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »