« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 乗鞍に向けて »

2014年8月29日 (金)

乗鞍(呑鞍)、大人の遠足

9月7日(日)開催の乗鞍エコーラインでのヒルクライムレースに向けての試走

に、いつも色々とお世話になっている気の合う仲間8人で、乗鞍へ遠征。

楽しくないわけがない! 恐らく全員金曜日の仕事後、貫徹で土曜日の早朝に

乗鞍高原に集合してそのまま約150キロ、3500mのUPのルートに挑む。

しかし、みんな怖いもの知らずというか、、、単なる坂バカというか、、、



ゴール地点でパンクで遅れていたZONOさんがカメラの集中砲火を浴びる。

Photo

天気予報では雨必至なコンディションに備え、レインジャケットやら

アームウォーマーやらを携行しましたが、天気は気持ち悪いくらい予報を

裏切ったような快晴! 参加の皆さんの日ごろの行いがよっぽどいいのでしょう!



岐阜側の風景は一段と素晴らしい! 感激しましたよ。

Photo_5


仲間内で妖怪と呼ばれているPEDALさんに登攀中、コース中盤あたりで

あっさりと抜かれました。素晴らしいハイケイデンスで力強いペダリング!

その後、朝飯抜きがたたりハンガーノック気味でまったく身体に力が入らず

よれよれしてると、今度はPEDALさんのファインダーが待ち受けていた。

ナイスな写真有り難うございます!

Photo_7
Photo By Pedalさん

ハンガーノックでへろへろになりながらもよれよれでゴール地点まで

たどりつきましたw

Photo_9

その後は平湯までスカイラインを降り、高山~美女高原~木曽街道

~野麦峠~白樺峠~スタート地点(乗鞍高原)と難所を何とか登りきりました。




その後は、勿論これこれ! 最後の長い(10キロ)白樺峠への登りは

それまでの登りで疲労のピークだった身体にはきつかったあ~。

自分へのご褒美にグビグビと。


Photo_8


僕にとって今回のような泊まりでのツーリングは初めてで、また自転車に対する

思いが変わった気がする。

確かに自転車でレースに参戦する、そのレースに向けて、仕事の合間を

縫って、嫁の怒りを適当にちらしながら、ある程度の練習をする、そんな

モーチベーション溢れる充実した日々を送るのは素晴らしいことです。

が、よくよく考えるとこの年齢で今以上に劇的に早く登りがのぼれるわけでも

なく、若い人たちの様なパワーを手に入れれるわけでもない。 最近の一人でのライド

は依然と違って目を尖らして練習しなけりゃの練習モードで走るわけでなく、単に

自転車が好きだから時間の許す限り乗っている気がしてる。 結果、体力が落ちる

ことは無く仲間とのライドの時も何とかついていけるし、こんな素晴らしい呑鞍ライド

を経験させてもらっている。 雄大な景色の中で、止まっているように錯覚する時間

の中で、仲間に囲まれて、自転車で峠道に足跡じゃなく、輪跡を残す。 嗚呼、

我が人生に感謝!  ちょっと大袈裟か?!(笑

仕事の事で頭が膿んでます。。文章が雑で内容もまったく貧相。 がまんして読んで

いただき、恐縮…  僕の日記読むより、仲間達が撮ってくれたMOVIEやブログ・写真を

ご覧ただいた方が、よろしいかと。 


NobuさんのMovieはこちら ⇒ 呑鞍 ~乗鞍大周回~

HatoさんのMovieはこちら ⇒ 呑鞍 ~乗鞍大周回ライド~

Pedalさんのブログはこちら ⇒ 乗鞍「再発見」ツーリング~野麦峠&白樺峠巡り

Bucchiさんのブログはこちら ⇒ BLOG@2-pipe.com 呑鞍ride


« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 乗鞍に向けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。いや~呑鞍とは恐れ入りました。今年もやってきましたね体調崩さぬように頑張ってください。自分もぼちぼちと乗ってますが、老体につき伸びしろが全くありません。現状維持が精一杯です。素晴らしい仲間と走れるのはいいですね。いつも読み逃げ申し訳ございません
頑張ってください。

仲さん、こちらこそご無沙汰しています。私も自分の限界に気づき、
老体を労わりながら楽しく遊ばせて貰っています。 又、どこかで
ご一緒出来る時を楽しみにしています。お互い事故のないように
気を付けて自転車生活楽しみましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1729911/57181105

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍(呑鞍)、大人の遠足:

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 乗鞍に向けて »